有機野菜・自然食のカラクリ!30分でダマされない知的購入術!TOP > 有機野菜の落とし穴!信用できない理由はコレ! > 自然食は主役不在!最重要・肝心カナメのな食材は!?

自然食は主役不在!最重要な食材は!?について

 


安全な食べ物。

そう言うと私たちはとかく、野菜を無農薬や有機のものに!

食品汚染の救世主は野菜!そう考えがちです。

肉を食べたら野菜をたくさん、あたかも毒消しであるかのように野菜に注目が集ま
るわけです。

でも、食卓の主役はあくまで主食。日本人の主食といえばお米

お米をきちんとしたものに変える。安全な食卓づくりを目指すならお米こそ真っ先
に変えるべき。


お米が最重要で野菜は二の次、三の次。


このような順番になるはずです。

そしてお米を食べなくなっていることがガンやアレルギーなどの原因、そう指摘す
る声も少なくないのです。

主食のお米。昔よりも食べなくなってきているとはいえ、それでも野菜に比べて食
べる量が断然違います。

まずはお米を無農薬のものにすること。これこそが自然食の第一歩になるはずです。

この飽食の時代、私たちはどうしてお米を食べなければならないのでしょうか?パ
ン食や麺食の問題点はどこにあるのでしょうか?


消化速度はココまで違う!


その理由は、お米のデンプンの性質

「難消化性」

にあるといわれます。

食べると消化までに時間がかかる、難消化性とはそのことを意味する言葉です。

これに対してパン食や麺食は消化が早く腹持ちが良くない。スグに消化されるので
お腹が空き、ついついおやつなどの間食に手が伸びてしまう・・・。

軽食のメカニズムです。

私たちの体は糖分をエネルギーにして日々の活動を行っています。それは車とガソ
リン、燃料と飛行機
、この関係と同じです。

どんなに優れた車でもガソリンがなければ動かない。これと同じように糖分がなけ
れば人の活動は低下してしまう。

当然、病気に対抗する免疫力も低下していくわけです。

特に脳のエネルギー源は糖。糖分が不足すると脳の働きは弱まっていきます。

お米や小麦などは炭水化物と言われますが、これは糖質を意味する言葉。消化とは
この糖を血中に放出し脳を始めとした各機関に届けるプロセスです。

パンや麺が"軽食"といわれる由縁は消化が早いから。あらかじめ粒上の小麦などを
粉にしていることが理由です。

胃や腸などの消化器官からしてみれば粉状にされているので、いわば半分仕事を終
えているようなもの。素早くカンタン、朝めし前に処理できてしまうのです。

小麦などのデンプンを瞬く間に糖に変換して血中に送り込む。それにより脳や各種
体の機関のエネルギー源とするわけです。


血糖値も緩やかに!


これとは別にお米のデンプンは「難分解性」、「難消化性」などといわれています。

難分解性の意味は胃や腸にしてみれば強敵。全力で処理しないかぎり分解し切れな
い。表皮からゆっくりデンプンを糖に変えていくので粉よりも遥かに時間がかかる。

時間をかけて順次変換した糖分を血中に送り出すので小腹も空かない。こうした理由
です。

米粒食がパンや麺に比べて腹持ちが良い理由はお米の難分解性にあるというわけです。

オーガニックのパン食・麺食であっても腹持ちが悪いのでおやつなどに思わず手が伸
びる。色んなものを食べたくなるので経済効率も悪い。

付随して添加物などによる病気のリスクも抱え込んでしまうのです。

また粉状の軽食ばかりを食べていると、消化器官の弱体化を招いてしまいます。

使わない脳は退化する。使わない筋肉は衰える。

これと同じ理由で、胃腸などの消化器官も弱体化が進んでしまうのです。


糖尿病とパン食・麺食


以前日本人には少なかった糖尿病やアレルギー、ガン、肥満症などの現代病の原因に
は粒食の減少も関係している。

そのように指摘する声もあるのです。

パンや麺ばかりを食べているとあっという間に消化され、血中に糖分が送り込まれる
。そうなると血糖値の急上昇を招きやすくなります。

さらに腹持ちが悪いので糖分のカタマリでもあるおやつ類に手が伸びると、同じメカ
ニズムで血糖値はまたもや急上昇していくわけです。

糖尿病の原因にパン食・麺食の回数が増えていることを指摘する声も少なくありません。

これに対して米食は難消化性のためゆっくりじっくり血中に糖分を送り込むので、
糖値の上昇も緩やか
。小腹も空きにくいので糖尿病になりにくい。

このようにいわれるのです。

食の安全を真剣に考えるなら、まずはしっかりしたお米をガッチリキープすること。
もちろん無農薬であることは大前提です。

大地宅配をはじめ多くの自然食の宅配業者が無農薬のお米を販売しているので、まず
はココをケチらずしっかりキープしたいものです。


次章はいよいよ最終章。お米のリスク、安全な食卓づくりのための品種特性について
に述べてみます。

次へ:無農薬米なら何でも良いの?甘くてモチモチ信仰を暴く!

TOPへ:有機野菜・自然食のカラクリ!30分でダマされない知的購入術!

 

有機野菜の落とし穴!信用できない理由はコレ!記事一覧

低農薬・減農薬の野菜は安全!?その素顔はこう!!

無農薬野菜の割合。ハッキリとした統計はないようですが、全体の野菜の量の0.19%程度といわれます。実に僅かな量で1%にも満たない、それが無農薬野菜の現状です。 ...

農薬は変化して姿を変える!?酸化と農薬の関係は!?

農薬の少ない野菜を食べたい!今や食への関心がカロリーから安全性へと移る中、農薬の危険性が声高に叫ばれています。ガンやアレルギーなどの現代病、神経毒性や奇形な...

有機・無添加の発酵食!味噌醤油の知られざる内情とは!?

有機や無添加の味噌や醤油。日本が世界に誇るスーパー調味料。日本人のみならず世界でも広くその美味しさや有用性が認知されています。旨味成分が凝縮され、天然の...

自然食は主役不在!最重要な食材は!?

安全な食べ物。そう言うと私たちはとかく、野菜を無農薬や有機のものに!食品汚染の救世主は野菜!そう考えがちです。肉を食べたら野菜をたくさん、あたかも毒消しであ...

無農薬米なら何でも良いの?甘くてモチモチ信仰を暴く!

主食のお米をガッチリキープすべし!前章でこのことをお伝えしてきました。それに変わりはないのですが、一点だけ注意があります。それはお米の品種。...


 
inserted by FC2 system